MacKeeper ナレッジベース

  • MacKeeper のダウンロード方法

    1. MacKeeper.com にアクセスします。
    2. 右上の「ダウンロード」をクリックします。
    3. 「MacKeeper」という名前が付いたダウンロードファイルを開きます。
    4. 画面上の指示に沿って MacKeeper をインストールします。

    MacKeeper をインストールするには?

    Finder を開き、左サイドバーから「ダウンロード」を選択します。フォルダ内に「MacKeeper.dmg」または「MacKeeper.pkg」という名前の MacKeeper インストールパッケージがあります。これを開くとインストールが開始します。

    MacKeeper のインストールに時間がかかるのはなぜですか?

    MacKeeper のインストールにかかる時間は、インターネットの通信速度によって異なります。当社サーバーから必要なデータをすべてダウンロードした後にインストールを行います。これには約 5 分ほどかかります。それ以上時間がかかる場合は、当社サポートチームにお問い合わせください。

    MacKeeper のインストール時に入力するパスワードはどのパスワードですか?

    Mac の管理者用パスワードを入力してください。Mac にログインするときに使用するパスワードです。

    MacKeeper のインストールが終了したかどうかはどうすればわかりますか?

    画面右上のメニューバーに MacKeeper アイコン が表示されていれば、MacKeeper のインストールは完了しています。MacKeeper を開くと、ウィンドウの下部に「スキャンを開始」と書かれた青いボタンも表示されます。そのまま MacKeeper を使用するには、「スキャンを開始」をクリックします。

    MacKeeper を古いバージョンからアップグレードするには?

    *アップグレード前

    1. 1.MacKeeper ライセンスが有効であることを確認する

      有効なライセンスで MacKeeper にログイン中であれば、アップデートの通知が届きます。アプリ内で通知をクリックすると、自動的に最新バージョンにアップグレードされます。有効な MacKeeper ライセンスをお持ちでない場合は、ライセンスをアップグレードできる特別オファーが MacKeeper アプリ内に表示されます。

    2. データの暗号化で暗号化したファイルがないか確認する

      アップグレードの前に、MacKeeper 3 以前のバージョンをお使いの方は、データの暗号化で暗号化したファイルがないか確認してください。最新バージョンの MacKeeper には「データの暗号化」が含まれていないため、暗号化したファイルは必ず復元しておいてください。MacKeeper のアップグレード通知が表示されない場合、暗号化したファイルがあるかどうかが不明な場合、ファイルの暗号化や復元方法の詳細については、データの暗号化についての記事をお読みください。

    3. お使いの Mac がシステム要件を満たしていることを確認する

      お使いの Mac が最小システム要件を満たしていない場合は、MacKeeper ウェブサイトでカスタマーサポートに連絡して以前のバージョンの MacKeeper を入手してください。

    4. MacKeeper をアップグレードする

      暗号化したファイルを復元し、最新バージョンの MacKeeper にアップグレードする準備が整ったら、MacKeeper ウェブサイトにアクセスして MacKeeper をダウンロードします。

    古いバージョンの MacKeeper に戻すには?

    古いバージョンの MacKeeper に戻すには、まず、現在お使いの MacKeeper をアンインストールします。

    1. MacKeeper の現在のバージョンをアンインストールします。
    2. MacKeeper サポートに連絡して古いバージョンの MacKeeper をインストールします。ウェブサイトでは古いバージョンの MacKeeper はダウンロードできません。MacKeeper カスタマーサービスが古いバージョンの MacKeeper のインストールファイルをダウンロードするためのリンクをお送りします。
  • MacKeeper をアンインストールするには?

    MacKeeper をアンインストールするには、Cmd キーと Q を同時に押して MacKeeper アプリを終了します。これでアンインストールを開始できます。

    1. Finder をクリックして左サイドバーで「アプリケーション」を選択し、アプリの一覧から MacKeeper を探します。
    2. MacKeeper アイコンをゴミ箱にドラッグします。
    3. Mac のパスワードを入力し、「OK」をクリックして確認します。
    4. ゴミ箱を空にしてから Mac を再起動します。
  • MacKeeper は無料ですか?アクティベーションは無料ですか?

    MacKeeper には 1 回に限り無料でお試しいただける機能がありますので、実際に使ってみてください。ただし、ライセンスを購入しないとアプリの機能を使用し続けることはできません。MacKeeper の機能を活用したい方は、ライセンスを購入してください。

    MacKeeper アクティベーションコードを入手するには?

    MacKeeper の製品版ライセンスを購入いただくとすぐに、アクティベーションコードをお渡しします。

    コードの入手方法:

    • オプション 1.MacKeeper を開いて左下にある緑色の「製品版を利用」をクリックする
    • オプション 2.こちらで MacKeeper のプランを選択する

    購入手続きが完了すると、MacKeeper アクティベーションコードが画面に表示されます。メールでもコードをお送りしますので、受信トレイで MacKeeper の注文確認メールをチェックしてください。念のため、迷惑メールフォルダも確認してください。「MacKeeper のご注文内容」という件名のメールに記載された 16 桁のアクティベーションコードをコピーします。

    MacKeeper 製品版ライセンスをアクティベートすると、プラン加入期間中すべての機能を無制限でご利用いただけます。なお、当社公式ウェブサイトの特別プロモーション(他社ウェブサイトでのプロモーションではありません)以外に、MacKeeper のアクティベーションコードを無料で提供することは決してありません。

    アクティベーションコードはどこにありますか?

    どうしてもアクティベーションコードが見つからないときは?メールの受信トレイでアクティベーションコードが見つからない場合は、こちらをクリックしてサポートにお問い合わせください。

    MacKeeper ライセンスのアクティベーション方法は?

    1. MacKeeper を開きます。
    2. 画面左上、Apple ロゴの横にある「MacKeeper」をクリックし、「アクティベーションコードを入力」を選択します。
    3. 受信メールに記載されているアクティベーションコードをコピーし、MacKeeper のウィンドウに貼り付けてから「span class="faq__text_italic">コードを適用」をクリックします。
    4. MacKeeper アカウントをお持ちでない場合は、作成してください。アカウントをお持ちの方はログインしてください。
    5. これで MacKeeper のアクティベートは完了です!

    MacKeeper のライセンスがアクティベート済みかを確認するには?

    1. デスクトップの左上、Apple ロゴの横にある「MacKeeper」をクリックします。
    2. MacKeeper のプルダウンメニューから「環境設定」を選択し、「アカウント」タブをクリックします。
    3. ログアウト」ボタンが表示されたら、MacKeeper アカウントにログイン済みです。

    MacKeeper に戻り、「検索&修復」を開いてスキャンを開始します。「安全に項目を修復」ボタンが表示されていれば、MacKeeper ライセンスはアクティベート済みです。「アクティベートして修復」と表示されているときは、購入したライセンスのアクティベートが必要です。

    アクティベーションコードを適用できないのはなぜですか?

    エラーメッセージの種類によって解決方法が異なります。

    • アクティベーションコードは、この MacKeeper アカウントに適用済みです。ログインしてください。

    • すでにアクティベーションが完了しています。MacKeeper アカウントにログインするとご利用いただけます。

      1. MacKeeper を開きます。
      2. 画面左上、Apple ロゴの横にある「MacKeeper」をクリックし、「環境設定」、「アカウント」タブの順に選択します。
      3. MacKeeper アカウントにログインします。
      4. 有効な MacKeeper ライセンスが自動的にアクティベートされます。
    • アクティベーションコードが無効です

    • このエラーメッセージが表示される場合は、入力したアクティベーションコードが間違っていたか、すでに存在しないアクティベーションコードを入力した可能性があります。コピーしたアクティベーションコードが間違っていないか、もう一度確認してください。引き続き問題が発生する場合は、当社サポートチームにお問い合わせください。

    • 有効なアクティベーションコードは、文字と数字からなる 16 文字のコードです。

    MacKeeper を購入済みの場合は、メールの受信トレイで MacKeeper のご注文確認メールを探し、そこに記載されているアクティベーションコードをコピーしてください。引き続きエラーが発生する場合は、当社サポートチームにお問い合わせください。

    MacKeeper ライセンスの管理方法は?

    1. account.mackeeper.com で MacKeeper アカウントにログインします。
    2. 左サイドバーで「マイライセンス」タブを開きます。
    3. 管理するライセンスの横にある「環境設定」をクリックします。

    MacKeeper のパスワードやメールアドレスの変更方法は?

    1. account.mackeeper.com で MacKeeper アカウントにログインします。
    2. 画面右上のメールアドレスをクリックして「アカウント設定」を選択します。
    3. 変更したいパスワードやメールアドレスの横にある「編集」をクリックします。
    4. 新しいパスワードやメールアドレスを入力してから「保存」をクリックします。

    MacKeeper ライセンスを新しい Mac に移行するには?

    1. account.mackeeper.com で MacKeeper アカウントにログインします。
    2. 左サイドバーで「マイライセンス」タブを開きます。
    3. 移行するライセンスの横にある「環境設定」をクリックします。
    4. 再割り当て」をクリックして「ライセンスのリンク解除」を選択します。
    5. 割り当て」をクリックしてライセンス移行先の Mac を選択します。
    6. 新しい Mac で MacKeeper にログインする
  • MacKeeper で Mac をクリーニングするには?MacKeeper のアクティベーション後はどうすればいいですか?

    1. MacKeeper を開いて「完全スキャンを開始」をクリックします。
    2. 安全に項目を修復」ボタンをクリックします。
    3. ウィンドウの指示に沿って設定を完了します。
    4. 完了すると「完了」ボタンが表示されます。MacKeeper の設定は完了です。

    フルディスクアクセスとは何ですか?なぜ MacKeeper に必要なのですか?

    フルディスクアクセスとは、サードパーティ製のアプリがユーザの許可なく重要なデータにアクセスすることを防ぐためのセキュリティ機能です。しかし、バックアップアプリ、ウイルス対策アプリ、クリーニングアプリなど、正常に動作するにはフルアクセスが必要なアプリもあります。

    MacKeeper にフルディスクアクセスを許可すると:

    • Mac に潜んだ脅威からリアルタイムで保護できます
    • ウイルスやマルウェアからしっかり保護できます
    • 不要と思われるファイルをすべて検出できるようになります
    • MacKeeper の機能をフルに発揮できます

    フルディスクアクセスがないと、MacKeeper がユーザのアクセスに合わせてリアルタイムですべてのフォルダをスキャンすることができません。一部の脅威しか検出できず、検出できなかったセキュリティ上の脅威がそのままになってしまう可能性があります。

    MacKeeper の機能を存分に活用するには、まず MacKeeper ウイルス対策ツールの起動を許可します。「環境設定を開く」をクリックして「許可」をクリックします。こうした変更を加えるには、鍵のアイコンをクリックしてパスワードを入力してください。

    ウイルス対策ツールにフルディスクアクセスを許可した後、リアルタイムプロテクション機能を有効にします。「フルディスクアクセス」フォルダで MacKeeper の横にあるチェックボックスをクリックします。

    これらのステップが完了すると、MacKeeper ウイルス対策ソフトの全機能が動作するようになります。

    MacKeeper で Mac を最適化するには?

    MacKeeper で Mac のパフォーマンスを最適化する 5 つのステップ:

    1. 開いているすべてのアプリケーションの作業内容を保存し、Finder と MacKeeper 以外のすべてのアプリケーションを終了します。
    2. MacKeeper を開いて「セーフクリーナー」を実行します。「セーフクリーナー」を使うと、不要ファイル、キャッシュファイル、重複ファイル、ローカルのメール添付ファイル、ゴミ箱の中身を消去できます。
    3. メモリクリーナー」をクリックして「アプリとプロセス」を選択します。
    4. メモリに負荷がかかっているアプリを終了すると、Mac の動作が軽快になります。

    5. 次に、「ログイン項目」で起動時に開く必要のないアプリを削除します。これで Mac の起動時間を短縮できます。
    6. 最後に、Mac を再起動します。生まれ変わった Mac のパフォーマンスを実感してください。

    Mac がマルウェアに感染しているかどうかを調べて、マルウェアを削除するにはどうすればいいですか?

    MacKeeper にはリアルタイムプロテクション機能を搭載しているので、すべての項目を Mac で開く前に安全に確認できます。全体をスキャンしてウイルス、マルウェア、アドウェア、その他重大な脅威を Mac から削除する方法は次のとおりです。

    1. MacKeeper を開き、左サイドバーで「ウイルス対策ソフト」を選択します。
    2. スキャンを開始」をクリックし、Mac 全体のウイルススキャンを実行します。または、「カスタムスキャン」で特定のフォルダや USB ドライブをチェックすることもできます。
    3. ウイルスやマルウェア、トロイの木馬、スパイウェアなどの脅威が含まれていないか MacKeeper が指定した場所の項目をスキャンします。
    4. MacKeeper が脅威を検出した場合は、「削除」をクリックして該当ファイルを削除するか、「隔離」をクリックして Mac の感染を阻止します。
    5. 次に、「ウイルス対策ソフト」で「アドウェアクリーナー」を選択し、「スキャンを開始」をクリックして Mac がアドウェアに感染していないかチェックします。
    6. MacKeeper がアドウェアを検出した場合は、ウィンドウの右下にある「削除」をクリックして Mac からアドウェアを削除します。

    これで、Mac がセキュリティ上の脅威から保護されます。引き続きエラーが発生する場合は、当社サポートチームにお問い合わせください。

    MacKeeper で Mac の空き容量を増やせますか?

    はい、MacKeeper で Mac の空き容量を何ギガバイトも増やすことができます。手順は以下のとおりです。

    1. MacKeeper を開いて、左サイドバーにある「セーフクリーナー」をクリックします。
    2. スキャンを開始」をクリックし、完了したら「ジャンクファイルをクリーニング」をクリックします。
    3. 重複ファイル検索」を選択して「スキャンを開始」をクリックします。MacKeeper が重複ファイルを検出したら、「重複ファイルを削除」をクリックして削除します。
    4. 次に、「スマートアンインストーラー」を選択して「スキャンを開始」をクリックします。
    5. 不要なアプリケーション、ウィジェット、プラグインや削除したい拡張機能があればそれを選択します。
    6. 選択した項目を削除」をクリックします。

    これで空き容量が増え、Mac が軽快になるはずです。

    MacKeeper はアドウェアやポップアップを削除するのですか?

    MacKeeper には Mac に次々とポップアップを表示させる迷惑なアプリを削除するツール、「アドウェアクリーナー」が搭載されています。使い方:

    1. MacKeeper を開きます。
    2. 左サイドバーで「アドウェアクリーナー」を選択し、「スキャンを開始」をクリックします。
    3. アドウェアクリーナーが不審な項目を検出したときは、ウィンドウの右下にある青い「削除」ボタンをクリックして削除します。

    不要な重複ファイルを MacKeeper で削除するには?

    MacKeeper には「重複ファイル検索」が搭載されています。このツールは Mac 全体に散らばったファイルのコピーを検出すると同時に、元のファイルを安全に保護します。

    不要なファイルのコピーを削除する方法:

    1. MacKeeper を開き、左サイドバーで「重複ファイル検索」を選択します。
    2. スキャンを開始」をクリックし、Mac 全体のウイルススキャンを実行します。または、「カスタムスキャン」で特定のフォルダにファイルのコピーがないかチェックすることもできます。
    3. 左側に重複ファイルのリストが表示されます。そこに記載された項目をクリックすると、プレビューとファイルコピーが検出された場所を確認できます。
    4. 削除する重複ファイルを選択します。デフォルトでは MacKeeper がファイルのコピーをすべて選択しますが、手動で残しておくファイルと削除するファイルを選択することもできます。
    5. 削除するファイルコピーを選択したら「重複ファイルを削除」をクリックします。
    6. 完了」をクリックします。ゴミ箱も忘れずに空にしてください。

    Mac にインストールしているアプリを MacKeeper でアップデートするには?

    MacKeeper には「更新トラッカー」を搭載しています。ほとんどの Mac 用アプリの最新版を探してくれる便利なツールです。

    最新版のアプリにアップデートする方法:

    1. MacKeeper を開き、左サイドバーで「更新トラッカー」を選択します。
    2. アップデートをスキャン」をクリックして、アップデート可能なアプリをチェックします。
    3. アップデートできるアプリのリストで各項目をクリックすると、アップデートで何が新しくなったか、アップデート要件、現在 Mac にインストールされているアプリのバージョンなど詳細を確認できます。
    4. アップデートするアプリを選択し、青い「すべてアップデート」または「アップデート」ボタンをクリックします。
    5. 選択したアプリが実行中になっていると、MacKeeper がアプリを終了してアップデートするための許可を求めてきます。

    これで完了です。アプリは最新版に更新されています。

  • MacKeeper の ID Theft Guard はオンラインの ID 管理をサポートする機能です。このツールを使うと、データ流出でメールアドレスが不正にアクセスされていないか複数アドレスをチェックすることができます。安全ではないパスワードがあればすぐに変更してください。さらに、ID Theft Guard は内蔵されたデータ流出モニタによりユーザのデータが公開されるとただちに警告します。

    ID Theft Guard の使い方は?

    個人データが流出していないかチェックするには MacKeeper にログインしておく必要があります。まず、MacKeeper にログインしているかどうかを確認してください。

    MacKeeper の ID Theft Guard がウェブをチェックして、ユーザのメールアドレスに関連しているデータの流出がないか調べます。MacKeeper をはじめて起動すると、追加機能を使用するためにアカウントを作成するよう求められます。

    1. メールアドレスを入力します。
    2. データ流出チェックボックスで「メールをチェック」を選択します。
    3. 続行」をクリックします。

    まだ MacKeeper アカウントを作成していない場合は、アカウントを作成してから ID Theft Guard を使います。

    メールアドレスでどうやってデータ流出をチェックするのですか?

    ユーザがアカウント作成に使用したメールアドレスが存在するかどうか、MacKeeper が自動でチェックします。もし存在する場合は、「検索&修復」のスキャン中にデータが流出していないかメールアドレスをスキャンします。ただし、ユーザが自分のメールアカウントであることを確認するまでは、スキャンの結果をすべて見ることはできません。ID Theft Guard にメールアドレスの確認を促す画面が表示されます。

    アカウント登録に使用したメールアドレスが存在しなかった場合は、「検索&修復」のスキャン結果画面で正しい有効なメールアドレスを入力するよう求められます。

    登録ステップを飛ばす場合や存在しないメールアドレスで登録する場合は、以下の手順に沿って新しいメールアドレスを入力してください。

    1. MacKeeper を開きます。
    2. 左サイドバーで「ID Theft Guard」を選択します。
    3. 一番下の青い「開く」ボタンをクリックします。
    4. MacKeeper アカウントを作成します。
    5. 流出をチェックするときに使用するメールアドレスを入力します。
    6. MacKeeper のメールオファーやニュースレターの配信設定を選択します。
    7. メールアドレスが流出していないかチェックする」が選択されていることを確認します。
    8. アカウントを作成」をクリックします。

    他に、Facebook アカウントで登録する方法もあります。濃い青色の「Facebook と接続」をクリックします。この場合、MacKeeper が Facebook アカウント登録に使用したメールアドレスを使ってデータ流出がないかスキャンします。

    MacKeeper にログイン中にメールアドレスを追加するには?

    既存の MacKeeper アカウントですでに MacKeeper にログインしているときにメールアドレスを追加するには:

    1. 左パネルで「新しいメールアドレスをスキャン」をクリックします。
    2. または、右パネル下部、オレンジ色のウィンドウにある「新しいメールアドレスをスキャン」をクリックします。
    3. 右パネルにメールアドレスを入力します。
    4. 一番下の青い「メールアドレスをスキャン」ボタンをクリックして、データが流出していないかスキャンします。

    ID Theft Guard のスキャン結果について:

    データ流出が検出されなかったら?

    データ流出でメールアドレスがもれていなければ、個人データは安全な状態にあります。安全な状態を維持するために、ID Theft Guard がデータ流出モニタをオンにするようおすすめします。これは、ID Theft Guard にアカウント情報が流出していないか 24 時間 365 日ウェブをスキャンし、流出していれば警告することを許可する機能です。監視機能を設定するには、右側パネル下部にある「続行」をクリックします。

    データ流出が検出されたら?

    ID Theft Guard がお客様のメールアドレスに関連しているデータの流出を検出した場合は、どの個人データが流出しているか詳細を確認できます。ただし、消費者のプライバシーを尊重するために、機密情報を含む流出データを表示する前に、お客様ご自身のメールアドレスに間違いないことを確認させていただきます。ID Theft Guard が検出した内容を確認するには:

    1. 右パネルにある青い「メールアドレスを確認」ボタンをクリックします。
    2. 受信ボックスを開いて「ID Theft Guard の確認が必要です」という件名のメールを確認します。
    3. 青でハイライト表示された 4 桁のコードをコピーします。
    4. MacKeeper ウィンドウに戻り、右パネルにコードを貼りつけて「入力」をクリックします。
    5. 確認が完了すると緑色のメッセージが表示されます。
    6. 次に、お客様のメールアドレスに関連しているデータ流出の一覧が表示されます。

    ID Theft Guard ウィンドウの右側にお客様のメールアドレスが流出したデータ流出のプレビューが表示されます。このプレビューで確認できる内容は次のとおりです。

    • 流出元:
      • アカウントデータが流出したサービスの名前
      • 大量データ流出の名前です。流出が法的な理由で表示できない流出元からのものである場合は、「Sensitive Source(機密性の高い流出元)」と表示されます。
    • 流出したパスワードのプレビュー
    • パスワードを表示」リンク(クリックすると流出したパスワードがすべて表示されます)
    • 「...」アイコンと当該データ流出に関する操作オプション

    流出元の名前の左側にある ▶ をクリックすると、検出されたデータ流出についての詳細を確認できます。

    流出には 2 種類あります。

    • 判明しているデータ流出:データが流出したサービス名が一番上に表示されます。流出の説明で、いつ、どのようにしてこのサービスのデータベースが流出したかがわかります。
    • 不明のデータ流出:流出元の名前を公開できない理由が表示されます(流出に関する調査の妨げになるために公開できないことがほとんどです)。

    流出したパスワードを変更するには?

    ソーシャルメディアやオンラインバンキングなどのアカウントのパスワードが流出していることがわかったら、ただちに変更してください。そうすることで個人データを盗難から守ることができます。

    流出したパスワードを変更するには:

    1. パスワードを表示」をクリックすると流出したすべてのパスワードを確認できます。
    2. 見覚えのないパスワードがあれば、クエスチョンマークのアイコンをクリックして詳細を確認します。
    3. データ流出セクションの右上にある 3 つのドットアイコンをクリックします。
    4. 「パスワードを変更」を選択してブラウザでパスワードを変更します。

    パスワードの中には暗号化されているものがあります。ユーザまたはサービスの所有者が暗号化したものです。暗号化されたパスワードが流出しても、実際のパスワードは無事である可能性が高いです。しかし、セキュリティを強化するために変更することをおすすめします。

    プライバシー上の理由で、流出したパスワードをそれぞれ手動で変更する必要があります。「パスワードを変更」をクリックすると、そのサービスのウェブページが自動的にブラウザで開きます。ログインして流出したパスワードを変更してください。

    データ流出の種類によっては、パスワードを変更できないことがあります。機密性が高い事案の場合はウェブサイトが関連付けられていないため、「パスワードを変更」オプションが表示されません。こうした流出が発生した場合は、流出したデータと一致するパスワードがないかウェブアカウントをすべて確認してください。さらに、流出したパスワードは今後、絶対に使用しないでください。

    • 
パスワードを変更したら、3 つのドットアイコンをクリックして「変更済みにする」を選択します。
    • 右側パネル下部にある青い「変更済みにする」ボタンをクリックする前に、必ずデータ流出を個別によく確認し、流出したおそれがある各データのパスワードを変更してください。

    データ流出の監視を開始するには?

    ID Theft Guard を使うと、流出したパスワードを変更できるだけでなく、監視機能をオンにすると新しいデータ流出がないか 24 時間 365 日監視することができます。さらに、個人データが流出した場合はすぐに警告が届きます。

    この機能をデータ流出モニタといいます。定期的かつ自動的に ID Theft Guard に登録したメールアドレスを使用しているウェブアカウントをチェックします。流出しているアカウントデータがあれば警告が表示されるので、個人情報の盗難からデータを保護できます。

    特定のメールアドレスでデータ流出モニタをオンにするには:

    1. MacKeeper ウィンドウの右上にある「オンにする」をクリックします。
    2. または、画面右上、メールアドレスの横にある 3 つのドットアイコンをクリックします。
    3. リストから「モニタをオンにする」を選択します。

    スキャンしたすべてのメールアドレスでデータ流出モニタをオンにするには:

    1. 左側パネル上部にある「ID Theft Guard」アイコンをクリックします。
    2. 右側パネルの中央にある「i」アイコンをクリックすると、データ流出モニタの詳細を確認できます。
    3. 右側パネル下部にある青い「モニタをオンにする」ボタンをクリックします。
    4. データ流出モニタ」が緑色で表示されているときは、24 時間 365 日データの流出がないかメールアドレスをスキャンしています。

    データ流出のスキャンでメールアドレスを追加/削除するには?

    ID Theft Guard で新しいメールアドレスをスキャンするには:

    1. 左サイドバーで「ID Theft Guard」を開きます。
    2. 右パネルにメールアドレスを入力します。
    3. 一番下の青い「メールアドレスをスキャン」ボタンをクリックして、データが流出していないかスキャンします。

    過去に ID Theft Guard に追加したメールアドレスを削除するには:

    1. 左サイドバーで「ID Theft Guard」を開きます。
    2. 左パネルで削除するメールアドレスを選択します。
    3. ウィンドウの右上にある 3 つのドットアイコンをクリックします。
    4. リストから「メールアドレスを削除」を選択します。

    重要:ログインに使用しているメールアドレスを削除するにはログアウトしてください。それ以外の ID Theft Guard に追加済みメールアドレスは上記の手順で簡単に再追加したり削除したりすることができます。

  • MacKeeper の StopAd は、迷惑な広告をブロックし、ウェブサイトのトラッカーを阻止するための機能です。StopAd は、表示したくない広告をブロックできる Mac のブラウザ拡張機能です。さらに、多くのウェブサイトが、ユーザの検索内容を把握し、行動から得た情報に基づいた広告を表示するためにトラッカーを使用しています。StopAd はオンラインでのトラッキングも阻止できる便利な機能です。

    MacKeeper の StopAd 拡張機能をインストールするには?

    StopAd ツールは MacKeeper に内蔵されていますが、Mac 用 Google Chrome や Safari ではブラウザ拡張機能として動作します。StopAd 広告ブロックアプリを開くには:

    1. MacKeeper を開きます。
    2. 左サイドバーから「StopAd」を選択します。
    3. 一番下の青い「開く」ボタンをクリックします。

    はじめて StopAd を開くと、次の要素が含まれたウィンドウが表示されます。

    • StopAd の詳細を表示する「i」ボタン
    • ツールの現在の状態を示す StopAd のステータス
    • StopAd のメリットを説明するセクション
    • Chrome 版 StopAd をインストールしたり、Safari 版 StopAd を有効にしたりする青いボタン(右側)

    StopAd のステータスとは?

    はじめて StopAd を開くと、ウィンドウの中央に「StopAd は無効です」とステータスが表示されます。これは、Mac に Safari や Google Chrome 用のブラウザ拡張機能がまだインストールされていないことを示しています。

    StopAd には他に 3 つのステータスがあります。

    • When you see
    • StopAd はすべてのウェブサイトでオフになっています:Mac のブラウザへのインストールは完了しているので、Safari または Chrome で拡張機能をオンにしてください。
    • StopAd は有効です:StopAd が Safari または Chrome にインストール済みで、正常に動作しています。

    StopAd 広告ブロック Safari 用拡張機能を設定するには?

    Mac の Safari で StopAd 拡張機能を設定するには(Safari 10 以上、macOS 10.11.5 以上):

    1. Safari の機能拡張セクションの右側にある「有効にする」ボタンをクリックします。
    2. ウィンドウに記載されている Safari で拡張機能を有効にする方法を読みます。
    3. ウィンドウ下部の青い「Safari 環境設定を開く」ボタンをクリックして、Safari 機能拡張の設定画面を開きます。
    4. Safari 機能拡張の設定画面の左側パネルで MacKeeper のチェックボックスをすべて選択します。

    MacKeeper アプリで拡張機能を手動で無効にしている場合は、MacKeeper に戻って青い「オンにする」ボタンをクリックして Safari の StopAd 拡張機能を有効にしてください。 StopAd が Safari のコンテンツブロッカーとして正常に動作していれば、Safari の検索バーの横に StopAd アイコンが表示されます。

    Google Chrome 用 StopAd 広告ブロッカーを設定するには?

    Mac の Google Chrome で StopAd 拡張機能を設定するには:

    1. Chrome の拡張機能セクションの右側にある「インストール」をクリックします。
    2. Chrome ウェブストアのウィンドウが開きますので、青い「Chrome に追加」ボタンをクリックします。
    3. 開いたウィンドウで「拡張機能を追加」をクリックします。通知が表示され、StopAd が広告やトラッカーを削除できるようになります。
    4. Google Chrome へのインストールが完了すると通知が表示されます。
    5. 正常に動作していれば、Google Chrome の検索バーの横に StopAd のアイコンが表示されます。

    StopAd ブラウザ拡張機能を使用するには?

    Mac のブラウザへのインストールが完了すると、StopAd を使って足跡を残さず、広告にも邪魔されずにウェブを閲覧できるようになります。StopAd 拡張機能の各要素:

    • 歯車アイコンで StopAd 拡張機能の設定を開きます。
    • 拡張機能のステータスには広告やトラッカーからどのようにユーザーを保護するかが説明されています。
    • ウェブサイト URL は StopAd が広告やトラッカーをブロックしているウェブサイトです。
    • このサイトをブロック」ボタンで、現在閲覧中のウェブサイトの広告やトラッカーのブロックを有効または無効にします。
    • ブロックした広告」の数字は、現在閲覧中のウェブサイトで StopAd がブロックした広告の数を示しています。矢印アイコンをクリックするとブロックした広告のドメインが表示されます。
    • 「ブロックしたトラッカー」の数字は、現在閲覧中のウェブサイトで StopAd がブロックした広告の数を示しています。矢印アイコンをクリックするとブロックしたトラッカーのドメインが表示されます。
    • StopAd について」をクリックすると、StopAd のテクノロジーに関する記事が開きます。

    これが StopAd 拡張機能のメイン画面です。この画面で特定のウェブサイトの広告またはトラッカー(もしくは両方)を削除できます。

    特定のウェブサイトで広告とトラッカーをブロックする

    デフォルトでは、StopAd は閲覧中のウェブサイトで広告とトラッカーの両方をブロックします。

    特定のウェブサイトで広告とトラッカーのブロックを停止するには:

    1. StopAd 拡張機能を開きます。
    2. このサイトをブロック」をオフにします。
    3. Google Chrome と Safari(10 以前のバージョン)では、「ページを更新」をクリックして、拡張機能ウィンドウ上部で変更を確認します。

    オフにした後は、StopAd 拡張機能のステータスが「保護されていません」に変わります。このウェブサイトでは StopAd が広告やトラッカーからユーザーを保護していないという意味です。

    特定のウェブサイトで広告だけを削除する

    デフォルトでは、StopAd は現在閲覧中のウェブサイトで広告とトラッカーの両方をブロックします。

    広告だけをブロックするには、トラッカーのブロックを停止してください。

    1. StopAd 拡張機能を開きます。
    2. ブロックしたトラッカー」タブをクリックします。
    3. ブロックしたトラッカー」をオフに切り替えます。
    4. Google Chrome と Safari(10 以前のバージョン)では、「ページを更新」をクリックして、拡張機能ウィンドウ上部で変更を確認します。

    特定のウェブサイトでトラッカーだけをブロックするには?

    前述のように、デフォルトでは StopAd は現在閲覧中のウェブサイトで広告とトラッカーの両方をブロックします。

    ウェブサイトに広告は表示してトラッカーだけをブロックしたい場合:

    1. StopAd 拡張機能を開きます。
    2. ブロックした広告」タブを選択します。
    3. ブロックした広告」をオフに切り替えます。
    4. Google Chrome と Safari(10 以前のバージョン)では、「ページを更新」をクリックして、拡張機能ウィンドウ上部で変更を確認します。

    オフにすると、StopAd はトラッカーだけをブロックし、閲覧中のウェブサイトの広告は一切ブロックしなくなります。この場合も、StopAd 拡張機能の「保護されています」ステータスは変わりません。

    StopAd 拡張機能の設定を管理するには?

    閲覧中の特定のウェブサイトでのブロックを有効にする方法については、前述の説明をご覧ください。広告ブロック設定をすべてのウェブサイトで設定するには、StopAd 拡張機能設定を開いてください。

    すべてのウェブサイトで広告とトラッカーの両方をブロックするには?

    デフォルトでは、StopAd は閲覧中のすべてのウェブサイトで広告とトラッカーをブロックします。

    なお、StopAd 拡張機能を停止して、すべてのウェブサイトで広告やウェブサイトのブロックを停止することもできます。

    1. StopAd 拡張機能の右上にある歯車アイコンをクリックします。
    2. すべてのウェブサイトで保護」をオフにします。
    3. Google Chrome と Safari(10 以前のバージョン)では、「ページを更新」をクリックして、拡張機能ウィンドウ上部で変更を確認します。

    StopAd 拡張機能のステータスが「すべてのウェブサイトで保護がオフになっています」になります。これは、閲覧中のすべてのウェブサイトで広告やトラッカーから保護されていないという意味です。もう一度有効にするには、拡張機能のステータスの下にある「>」ボタン、青い「オンにする」ボタンの順にクリックします。または、環境設定の機能拡張画面でオンに切り替えます。

    デフォルトでは、StopAd は閲覧中のすべてのウェブサイトで広告をブロックします。

    すべてのウェブサイトで広告だけをブロックして、トラッカーをそのままにするには:

    1. StopAd 拡張機能の右上にある歯車アイコンをクリックします。
    2. トラッカーをブロック」をオフに切り替えます。
    3. Google Chrome と Safari(10 以前のバージョン)では、「ページを更新」をクリックして、拡張機能ウィンドウ上部で変更を確認します。

    StopAd が閲覧するすべてのウェブサイトで広告はブロックしますが、オンライントラッカーのブロックは停止します。StopAd 拡張機能の「保護されています」ステータスは変わりません。

    すべてのウェブサイトでトラッカーだけをブロックするには?

    デフォルトでは、StopAd は閲覧中のすべてのウェブサイトでトラッカーをブロックします。
    すべてのウェブサイトで広告を表示してトラッカーだけをブロックするには:

    1. StopAd 拡張機能の右上にある歯車アイコンをクリックします。
    2. 広告をブロック」をオフに切り替えます。
    3. Google Chrome と Safari(10 以前のバージョン)では、「ページを更新」をクリックして、拡張機能ウィンドウ上部で変更を確認します。

    これでトラッカーはブロックされますが、広告はブロックされなくなります。ステータスは「保護されています」になります。

    StopAd 広告ブロック拡張機能をアンインストールする方法

    StopAd 広告ブロック拡張機能をアンインストールする手順は、Safari と Google Chrome では異なります。それぞれの手順を確認してください。

    • Google Chrome から StopAd をアンインストールする方法
    • Chrome から StopAd 拡張機能を削除する場合は、こちらの手順をご覧ください。

    • Safari から StopAd をアンインストールする方法

    Safari から StopAd アイコンと機能を削除するには、Safari で「環境設定」、「機能拡張」の順にクリックして、MacKeeper StopAd のチェックボックスをすべてオフにします。これで、StopAd アイコンが Safari のツールバーから消えます。

    Safari から StopAd 拡張機能を完全にアンインストールするには、最初に MacKeeper をアンインストールしてください。

    Cmd キーと Q を同時に押して MacKeeper アプリを終了します。次に:

    1. Finder をクリックして左サイドバーで「アプリケーション」を選択し、アプリの一覧から MacKeeper を探します。
    2. MacKeeper アイコンをゴミ箱にドラッグします。
    3. Mac のパスワードを入力し、「OK」をクリックして確認します。
    4. ゴミ箱を空にしてから Mac を再起動します。

    これでアプリケーションがアンインストールされ、Safari から StopAd 拡張機能が削除されます。

  • VPN プライベートコネクタは MacKeeper に内蔵の Mac 用 VPN クライアントツールです。「VPN」とは、バーチャルプライベートネットワークの略称で、インターネット接続のセキュリティを強化するツールです。

    VPN をオンにすると、ユーザが送信したデータがどこから送信されたものなのかを追跡するのが困難になります。ユーザが閲覧中のウェブサイトはバーチャルプライベートネットワークからデータが送信されていることはわかりますが、どこにある誰のデバイスから送信されているかはわかりません。

    さらに、データは暗号化されるので、仮に見られたとしても暗号化する前のデータを知られることはありません。VPN はオンラインで機密性の高い情報を保護できる便利なツールです。

    MacKeeper の VPN 機能をオンにして使用するには?

    MacKeeper なら Mac での VPN 設定が簡単にできます。

    1. MacKeeper を開き、左サイドバーで「プライベートコネクタ」を選択します。
    2. VPN プライベートコネクタの詳細は、青色の丸い情報アイコンをクリックしてください。
    3. VPN プライベートコネクタをはじめて使う場合は、簡単な説明が表示されます。「次へ」をクリックして次に進むか、「スキップ」をクリックして説明を飛ばしてツールを開きます。
    4. 新しいコンポーネントをインストールするためのダイアログウィンドウが表示される場合があります。ユーザ名とパスワードを入力して VPN クライアントソフトにインストールを許可してから、「インストールヘルパー」をクリックします。
    5. これで 高機能の Mac 用 VPN をお使いいただけます!

    Mac で VPN に接続する方法は?

    Mac で VPN に接続するには、メニューバー で MacKeeper をクリックするか、MacKeeper アプリで「プライベートコネクタ」ツールを開きます。

    最適なサーバー」が表示されます。遅延が最も少ないサーバーを自動的に探すオプションです。「最適なサーバー」に接続すると、通信速度が最も速いサーバーを使用することができます。高速通信が必要なときは、「最適なサーバー」を選択します。

    特定の場所からサーバーに接続する必要があるときは、MacKeeper アプリを開いて選択します。

    1. 左サイドバーで「プライベートコネクタ」を選択します。
    2. リストから VPN サーバーの場所を選択します。
    3. オンにする」をクリックします。
    4. VPN への接続が開始します。なお、少々時間がかかることがあります。
    5. Mac が VPN に接続されると、「VPN プライベートコネクタ」タブに「プライベートコネクタ使用中」という通知が表示されます。
    6. メニューバーに MacKeeper のロゴが表示されているときは、VPN プライベートコネクタがオンになっていることを示す VPN のマークが表示されます。
    7. VPN プライベートコネクタをオフにするには、MacKeeper アプリで青い「オフにする」ボタンをクリックします。

    MacKeeper アプリを開かずにすばやく VPN に接続するには:

    1. メニューバーの MacKeeper ロゴをクリックし、「VPN プライベートコネクタ」の横にある「オンにする」をクリックします。
    2. VPN プライベートコネクタがオンになっていると、メニューバーの MacKeeper ロゴに VPN のマークが表示され、その下にサーバーの場所が表示されます。

    「プライベートコネクタ」の設定で選択したサーバーの場所に接続されます。

    Mac で VPN を使うには?

    Mac で VPN を使う方法は 2 種類あります。VPN サービスをインストールする目的や理由によって方法は異なります。

    必要なときだけ VPN をオンにする場合:

    地域が制限されているコンテンツにアクセスしたり、公共 Wi-Fi を使用したりするときにのみ VPN をオンにします。必要がないときは VPN をオフにします。

    1. メニューバーの MacKeeper ロゴをクリックし、プルダウンメニューで「VPN プライベートコネクタ」の横にある「オンにする」をクリックします。
    2. サーバーの場所を変更する場合は、マウスのポインターを「VPN プライベートコネクタ」に合わせて、「VPN を設定」をクリックします。
    3. MacKeeper の VPN プライベートコネクタが開きます。リストからサーバーの場所を選択して「オンにする」をクリックします。
    4. 無制限で安全なインターネット接続をお楽しみください!
    5. VPN が必要なくなったら、メニューバーの MacKeeper ロゴをクリックし、プルダウンメニューで「VPN プライベートコネクタ」の横にある「オフにする」をクリックします。

    常に VPN をオンにしておく場合:

    セキュリティを確保し、インターネット接続を常に保護したいときは、VPN をオンのままにしておきます。これには Mac を起動したときに自動的に接続する方法がおすすめです。

    設定方法:

    1. MacKeeper でプライベートコネクタを開き、「Mac 起動時に自動で接続する」のチェックボックスをオンにします(一度も VPN を使ったことがなければこのオプションは表示されません)
    2. 次回 Mac を起動したときに、MacKeeper が VPN プライベートコネクタを自動でオンにします。VPN がオンになっていることを確認する VPN マークが MacKeeper ロゴに表示されます。

    VPN プライベートコネクタの使用要件は?

    VPN プライベートコネクタが正常に動作するには、信号強度が十分なインターネット接続が必要です(512 Kbps 以上)。なお、1 Mbps 以上の速度であれば快適にお使いいただけます。
    速度の低下や接続の中断を防ぐために、複数の VPN アプリやサービスを同時に使用しないでください。

  • データの暗号化」は MacKeeper バージョン 3.23.4 より古いバージョンに搭載されているツールです。有効なライセンスをお持ちであれば、大切なファイルをパスワードを使って安全に暗号化できます。暗号化したファイルは Mac のハードディスクまたはハードディスクに取り付けられたボリューム上に保管できます。ただし、「データの暗号化」機能を搭載したバージョンの MacKeeper がなければ開くことはできません。

    最新バージョンの MacKeeper には「データの暗号化」は含まれていません。そのため、最新バージョンにアップグレードする前に必ず、暗号化したファイルを復元してください。このチュートリアルでは、「データの暗号化」を使ってファイルを暗号化、復元する方法をご紹介します。

    すでに最新バージョンの MacKeeper にアップグレード済みで、暗号化したファイルにアクセスしたい場合は、MacKeeper カスタマーサポートに連絡して、「データの暗号化」を含むバージョンの MacKeeper をインストールしてください。そうすることで、最新バージョンの MacKeeper にアップグレードする前にファイルを復元できます。

    「データの暗号化」を使ってファイルを暗号化/復元するには:

    1. MacKeeper の「データの暗号化」でファイルを暗号化するには、古いバージョンの MacKeeper アプリを開きます。
    2. アプリの左側パネルにある「データの暗号化」をクリックします。
    3. 「データの暗号化」をはじめて開いた場合は、「データの暗号化を設定」と書かれた青いボタンが表示されます。このボタンをクリックして暗号化機能を開きます。過去にこの機能を使ったことがある場合は、ステップ 4 に進みます。
    4. 次に、パスワードを作成するよう求められます。パスワードを作成してから「パスワードを設定」をクリックします。このパスワードは、「データの暗号化」でファイルを暗号化/復元するときに使用されます。このパスワードを忘れないようご注意ください。万が一、作成したパスワードを忘れてしまった場合、当社がファイルを復元することはできません。機能のセキュリティを確保するため、ファイルの暗号化に使用したパスワードを覚えておく必要があります。
    5. ファイルを暗号化するには、「+」(追加)ボタン、「暗号化」の順にクリックします。
    6. または、MacKeeper アプリの「データの暗号化」パネルにファイルをドラッグする方法もあります。この画面でファイルの暗号化の種類を選択し、パスワードを入力して「OK」をクリックします。
    7. ファイルを非表示にして暗号化するには、対象となるファイル名をクリックし、画面下部の「隠す」をクリックします。
    8. ファイルを復元するには、リストのファイル名をクリックし、「表示する」の順にクリックします。

    MacKeeper を削除/アップグレードした後に暗号化したファイルをみつけるには?

    最新バージョンの MacKeeper には「データの暗号化」が含まれていないため、暗号化したファイルにアクセスするにはこの機能を搭載している古いバージョンの MacKeeper をダウンロードする必要があります。古いバージョンの MacKeeper を入手するには、MacKeeper カスタマーサポートにご連絡ください。

    1. 古いバージョンの MacKeeper を開き、左パネルにある「データの暗号化」を開きます。
    2. ログイン画面が表示されたら、最初に暗号化したときのパスワードを入力し、ステップ 4 に進みます。「データの暗号化」設定画面が表示されたら、「データの暗号化を設定」をクリックします。
    3. パスワード作成画面が表示されたら、最初にファイルを暗号化したときに使用したパスワードと同じものを作成し、「パスワードを設定」をクリックします。
    4. 次に、画面下部にある「紛失した項目を探す」をクリックします。
    5. ファイルを暗号化した場所を探します。場所がわかったらファイル名、「開く」の順にクリックします。
    6. 暗号化したファイルが画面上部に表示されます。暗号化したファイルをクリックして選択してから、画面下部にある「表示する」をクリックしてファイルを復元します。
  • MacKeeper って何?

    MacKeeper とは、Mac 本来のパフォーマンスを発揮するための便利なツールを 1 つに集めたソフトです。ジャンクファイル、ファイルのコピー、不要なアプリを削除してディスクの空き容量を確保できます。内蔵のウイルス対策ソフトで Mac をマルウェアやアドウェアから保護します。さらに、MacKeeper には便利な最適化ツールが搭載されているので、Mac の動作が軽快になります。

    MacKeeper は他のクリーニングアプリと何が違うのですか?

    MacKeeper は他のクリーニングアプリと同様にジャンクファイルや不要なアプリを削除します。他にも、ウイルスやアドウェアといった重大な脅威から Mac を保護します。

    MacKeeper があればマルウェアやアドウェアから Mac を保護できるのですか?

    はい。MacKeeper にはリアルタイムのウイルス対策ソフトアドウェアクリーナーを搭載しています。マルウェア、ウイルス、トロイの木馬、アドウェアなどさまざまな脅威を検出して削除するためのツールです。さらに、24 時間年中無休のサポートもご利用いただけます。

    MacKeeper のシステム要件は?

    オペレーティングシステム:

    MacKeeper 4:Mac OS X Mavericks 10.9 以降

    MacKeeper 5:Mac OS X El Capitan 10.11 以降

    CPU:

    64 ビット Intel プロセッサ以上

    RAM:

    2 ギガバイト(GB) ディスク容量: 100 メガバイト(MB) 

    iPhone や iPad で MacKeeper を使えますか?

    いいえ、MacKeeper は Mac 専用のクリーニングと保護のためのソフトです。

    どのくらいの頻度で MacKeeper を使えばいいですか?

    普通にパソコンを使用しただけで、ジャンクファイルがたまります。ジャンクファイルを作らないようにする方法はありません。そこで、週に 1 回ジャンクファイルをクリーニングして Mac を良好な状態に保つことをおすすめします。

    MacKeeper は安全ですか?Apple の承認を受けていますか?

    MacKeeper は Apple の公証Apple ノータリゼーション)、および AppEsteem の承認と認定を受けています。認定を受けるには、カスタマーサービスの厳しい基準をクリアしなければなりません。つまり、MacKeeper はユーザにとっても Mac にとっても安全なアプリです。さらに、MacKeeper は責任ある企業が所有、管理しており、消費者向けの便利な製品であるということになります。

    しかし、当社がなにより誇りにしているのは、Apple のノータリゼーションでも AppEsteem の認定でもありません。実際に MacKeeper をご愛用いただき、Trustpilot で高評価をくださった多くのお客様です。Clario では、複数のウイルス対策ソフトにより潜在的に迷惑なアプリケーション(PUA)であるとして MacKeeper が誤って判定された苦い経験があります。しかし、AppEsteem、Apple、Trustpilot、ご愛用いただいている多くのお客様の判断によると、MacKeeper は安全です。

  • MacKeeper ライセンスをアクティベートし直すにはどうすればよいですか?

    新しい Mac で MacKeeper にログインすると、自動的に MacKeeper ライセンスがアクティベートされます。ログインしているのに動作しない場合は、ライセンスを再アクティベートしてみてください。

    1. MacKeeper を開いて、デスクトップの左上、Apple ロゴの横にある「MacKeeper」をクリックします。
    2. 「環境設定」、「アカウント」の順に選択して「ログアウト」をクリックします。
    3. メールアドレスと MacKeeper アカウントのパスワードを入力します。
    4. 「ログイン」をもう一度クリックします。

    MacKeeper ライセンスの購入方法は?

    1. MacKeeper.com にアクセスします。
    2. ウィンドウの右上の「料金」をクリックします。
    3. お客様に最適なプランを選択してください。
    4. お支払い情報を入力して「インスタントアクティベーション」をクリックします。

    MacKeeper はサブスクリプション型の製品ですか?

    はい。MacKeeper は定期的に料金をお支払いいただくサブスクリプション型の製品です。お支払いサイクルはプランによって異なります。

    MacKeeper の料金はいくらですか?

    現在ご利用いただける MacKeeper 各プランの料金は料金ページに記載されています。MacKeeperウェブサイト右上の「料金」をクリックしてください。長期ライセンス向けのホリデー割引や季節ごとの特別プロモーションをご用意していますので、ぜひ MacKeeper ウェブサイトの料金ページを定期的にご覧ください。

    MacKeeper の支払い方法は?

    MacKeeper プランの購入には、VISA、American Express、Mastercard、JCB 発行のクレジットカードやデビットカードをご利用いただけます。また、PayPal もご利用いただけます。

    注文が承認されなかった場合はどうすればいいですか?

    まず、銀行にお問い合わせいただき、お支払いが承認されなかった理由をお尋ねください。また、別のお支払い方法(別のクレジットカードや PayPal のいずれか)で再度ご注文してみてください。

    MacKeeper の請求書はどこにありますか?

    請求書は MacKeeper の確認メールに記載されています。請求書が見あたらない場合は、カスタマーサポート(support@mackeeper.com)にリクエストしてください。

    返金を申し込むには?

    返金の申し込み手順はこちらをご覧ください。

  • MacKeeper で Mac を修復できないときはどうすればいいですか?

    MacKeeper に問題がある場合や、MacKeeper を使っているときに問題が発生した場合は、MacKeeper の技術スタッフにチャットでお問い合わせください。24 時間年中無休でお問い合わせに対応しています。MacKeeper アプリに関して他に問題がある場合は、MacKeeper カスタマーサービスチームが遠隔操作で Mac のトラブル解決のお手伝いをする MacKeeper Premium Services をご利用ください。

  • 「検索&修復」がクリーニング中にフリーズするのはなぜですか?

    「検索&修復」がフリーズしているように見える、または一部の項目を削除できないときは次の手順をお試しください。

    1. MacKeeper の左サイドバーで「セーフクリーナー」を選択します。
    2. 「スキャン開始」をクリックします。

    すべてのクリーニングに関する項目が修復されるはずです。

    引き続きエラーが発生する場合は、当社サポートチームにお問い合わせください。

    Mac に MacKeeper のポップアップが表示されないようにするには?

    Mac に表示される MacKeeper の通知を停止するには、「システム環境設定」の「通知」を開きます。

    「通知」でスライダをクリックして MacKeeper の通知をオフにします。他のアプリの通知を停止する場合も、アプリ名の横にあるスライダをオフにします。

    特定のウェブサイトまたはすべてのウェブサイトからのブラウザ通知を停止するには、MacKeeper の StopAd 拡張機能をクリックします。ここで現在閲覧中のサイトからの通知をブロックできます。また、設定アイコンをクリックして、すべてのウェブサイトからのブラウザ通知を停止することもできます。

    引き続き MacKeeper のポップアップ広告が表示される場合は、こちらで無効にしてください。

答えが見つからないときは?

サポートチームにお問い合わせください。

メッセージを送る

もう学校は卒業した?

それでも新学期ギフトをもらえます!

arrow

アプリケーションを実行

step_1

「続行」をクリック

step_2

「インストール」をクリック

step_1

OS 10.11 より古いバージョンをお使いです。お使いの macOS のクリーニング、プライバシー、セキュリティの問題を解決するには、MacKeeper 4 をご利用ください。